西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2022/2/2

40代で太る女性の共通点

こんにちは。

西宮・芦屋・苦楽園でパーソナルジム&治療院をしております。

balance Body(バランスボディ)です!

 

40代は、特に身体に変化が起きやすくなる年齢です。

40代で太る女性はどのような共通点があるのかお話ししていきます!

 

・更年期症状が出てくる

40代になると、更年期症状に悩まされる方が多くなります。更年期は、早い方で30代後半からはじまり、50代半ばの間にみられる症状といわれています。

 

更年期になると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、30代と同じような生活をしていても太りやすくなる可能性が高いです。

 

女性ホルモンは20代をピークに減少し、30代後半になると急激に女性ホルモンが減少します。更年期症状のだるさや発汗、ほてりやイライラなどは、女性ホルモンが減少することで現れます。

 

女性ホルモンには、主に以下のような役割があります。

 

・脂肪の蓄積を防ぐ
・血糖値の上昇を防ぐ
・インスリン感受性を増やす
・必要な部分に脂肪がつき、不必要な部分には脂肪をつけない
(胸やお尻→脂肪がつく、腰やお腹→脂肪をつけない)

 

どれも身体にムダな脂肪がついたり、太ったりするのを防ぐ役割をもっています。これらの役割がうまく働かなくなることで、脂肪がつきやすくなり痩せにくい体へと変化してしまうのです。

 

女性ホルモンは、脂肪などのエネルギー代謝に関連しており、それが減少することで太りやすい状態に近づいてしまいます。エネルギー代謝には個人差があり、生まれつきの体質が太りやすさを左右するともいわれています。

 

同じものを食べて、同じように運動しているのに体型の差がみられるのは、エネルギー代謝が関係しているといえるでしょう。

 

・基礎代謝低下による冷え性である

40代になると基礎代謝が落ち、冷え性になる方が増えてきます。手足が冷える、重ね着しないと寒くて動けないなど、悩むこともあるでしょう。

 

基礎代謝が低下することで、摂取した栄養を効率良くエネルギーに変えられず、脂肪として蓄えてしまいます。

 

さらに、冷えは血行を悪くし、むくみを引き起こします。40代からは加齢や生活習慣の乱れによって内臓機能が低下するため、さらに冷えやすい体質になってしまうでしょう。

 

・20代や30代の頃と食事内容が変わらない

 

若いころは栄養バランスが崩れていても、食事制限ダイエットをすれば簡単に痩せることもあったのではないでしょうか。しかし、40代になってから同じようなことをしても、かえって太りやすくなります。

 

なぜなら、先述したとおり、女性ホルモンの減少によって、脂肪が溜まりやすい状態へ変化するからです。

 

加えて、年齢を重ねると筋肉量は低下するため、消費するエネルギーも減ります。筋肉には脂肪を燃焼させる作用がありますが、若いころの食事内容のままでは太りやすくなるでしょう。

 

また、女性ホルモンの生成にも、栄養バランスは深く関わっています。女性ホルモンが減少しやすい、更年期症状が出やすい方は、栄養バランスが崩れている場合が多いようです。

 

女性ホルモンの生成には、鉄分が重要な役割を果たしますが、鉄だけを補っていても栄養バランスは整わないため、注意しましょう。

 

・まとめ

40代になると、女性ホルモンの減少や基礎代謝の低下、加齢などにより太りやすくなってしまいます。過度な飲酒や運動不足、睡眠不足といった習慣は太る原因になるので、40代からは改めて生活習慣を見直してみると良いでしょう。