西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2021/8/12

転倒予防に効果的なオーソティクス

こんにちは🌞

西宮・芦屋・苦楽園でパーソナルトレーニングジム&治療院をしております。

balanceBody(バランスボディ)です🐸

 

私たち人間は直立二足歩行をする動物ですが、なかなか正しく歩けていないのも事実です。

転倒せず、自分の足で最期まで歩くためにオーソティクスの有効性についてお届けします。

 

■高齢者の転倒について

65歳以上の3人に1人が1年間に1回以上転倒をするほど、転倒は高確率で起こります。その転倒がきっかけで、寝たきり(要介護)になってしまう方が非常に多くいらっしゃいます。

また、令和元年の厚生労働省の調査でも、介護が必要となった原因の第3位が「転倒(骨折)」という結果が出ています。

 

■転倒予防に対するオーソティクス有効性の調査

転倒経験のある高齢者15名(平均年齢67.7歳)「転倒有りグループ」と、転倒経験のない高齢者18名(平均年齢68.7歳)「転倒無しグループ」を対象としたバランス調査を実施しました。バランス調査では足圧と重心を記録して評価をしました。また、同じバランス調査を、オーソティクス有無での状態でも行いました。

 

~調査結果~ 

・バランス調査の結果

転倒有りグループと転倒無しグループでは、転倒有りグループのほうがバランス調査で大きな重心の「ブレ」が確認できた。

 

・バランス調査にオーソティクスを使用した結果

オーソティクスを使用して同じバランス調査を行うと重心の「ブレ」の平均が転倒有りグループが29%減少、転倒無しグループが35%減少した。

 

 

 

~結論~

重心の「ブレ」が大きいほど、転倒リスクが高く、オーソティクスによって重心の「ブレ」が29%~35%と大きく減少した。

 

足元を変えると人生が変わる!

調査結果から、足元の環境を良くすることで歩行安定性が高まり、転倒リスクを大幅に減少させることがお分かり頂けると思います。現代社会において、最期まで自分の足で歩くためにオーソティクスは大きな役割を担っています。