西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2021/4/17

踵が痛いは危険!!

こんにちは🌞

西宮・芦屋でパーソナルトレーニング&治療院をしております、balanceBody(バランスボディ)です🐸

 

最近の気候は不安定ですね。雨が降らなくても曇ってたりと…。

やっぱり天気のいい日だと外にも出たくなるし、気持ちも明るくなりますよね!

私は曇ってる日よりも晴れている日の方が好きです。

最近1週間に一度は雨が降ってる気がするのは気のせいですか??

 

雨が降る度にレインブーツを買おうか迷ってます、可愛くて雨の日でも楽しくなるような靴はありますか?

 

可愛いデザイン、色、履きやすさなど色々重視することがありますね、、

 

オススメあればぜひ参考にさせていただきたいです!皆さんの意見お待ちしております😊

 

私はこういうブログあまり得意ではないのでいつも天気の話をしてますね(笑)

何かいい話題があれば教えてください!そのことについて語りましょう〜

 

さて本題に入ろうと思います。

足の不調の中でよく耳にする「踵が痛い」という症状について詳しくみていきたいと思います。

 

🔸足裏のトラブルの原因🔸

足のトラブルは様々ありますが、踵が痛い(足の裏が痛い)というお悩みをお持ちの方は非常に多く、ほとんどの人が適切な対処ができていません。

そのほとんどの方が歩いた際の衝撃が原因だと考え、底の柔らかい靴を選択したり、クッションインソールを敷くなど誤った対処方法を選び、思うように改善していかないことが非常に多く起きているようです。

足裏の痛みは足裏の腱(足底筋膜)が炎症を起こしている可能性が高く、足全体の歪みが大きな原因になっています。そのまま放置してしまうと、踵骨棘といって踵に付着する腱の骨化により、痛みで歩くのも大変になってしまうかもしれません。

 

⚠️足裏の痛みをなくすには、踵が大事!⚠️

足底腱膜の負担は踵の状態によって大きく変わります。

なぜなら、足底腱膜は踵から指の付け根に繋がっている腱のため踵が正しい状態にならないと、足底腱膜への負担は極端に上がってしまいます。

ちなみに、体重55キロの方が1日に7500歩歩くと約500トンの負荷がかかると言われ想像以上に負担の高い「足」を守るためにまずシューズの選び方から見直してみましょう。

 

👟シューズの選び方

シューズの機能で最も重要なポイントは踵周りの硬さです。シューズを選ぶときには必ず踵周りが硬いかどうかチェックして踵周りを手で潰してみて、すぐに潰れてしまうシューズは避けましょう。

踵周りが硬いシューズを選ぶと踵を安定化させ、足全体の負担を軽減することができます。

さらに、踵をしっかりと安定させるためには、踵周りの硬い部分にしっかりと踵がフィットするようにシューズの履き方にも気を遣う必要があります。

 

✴︎✴︎悩みのあなたに合ったオーダーメイドインソールをご提供させてください✴︎✴︎

歩き方や身体の歪みは人それぞれです。
立った時の重心、歩いてる時どこに力が加わっているかなどを知る事ができます。

 

balanceBodyではインソール測定も行なっております。

 

この機会にぜひオーダーメイドインソールを作ってみてはいかがでしょうか?

 

<引用>

http://feetindesign.jp/