西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2021/5/13

外反母趾が進行する原因

こんにちは😃

西宮・芦屋でパーソナルトレーニング&治療院をしております。

balanceBody(バランスボディ)です🐸

 

少しずつ暖かくなり、さわやかな季節がやってまいりました。

こんかいは米国の足病専門医学を取り入れた提携医療機関で女性患者の受診理由第一位の「外反母趾」についてお伝えできればと思います。

 

📍外反母趾の原因📍

 

外反母趾は親指の付け根が変形してしまう病気で、パンプスやヒールが要因と思われている方も多くいらっしゃいますが、米国足病専門医学においては、最大の要因は「遺伝」と言われています。

外反母趾になりやすい足の構造の弱さを遺伝し、オーソティクスやシューズの機能性等の適切な補正をしないまま足のアーチが崩れてしまうこと(偏平足)で進行させてしまっているのです。

アーチが崩れるのは、指に原因がある訳ではなく、踵の骨(踵骨)を中心とした足全体の問題のため足全体に適切な対策を取る必要があります。

 

🥾外反母趾が進行するメカニズム🥾

 

アーチが崩れると、親指が三次元で捻じれてしまいます。

外反母趾になりやすい遺伝要素を持った方が、親指が捻じれた状態で歩いてしまうと歩行の蹴り出しのタイミングで親指が地面から横に押されてしまい外反母趾が進行します。

そういった理由から、パンプスやヒールを履くことよりもブカブカのシューズを履いたり、シューズの紐をしっかりと締めないなど適切に履かないことのほうが外反母趾を助長してしまっているのです。

 

 

🌷外反母趾の対策🌷

 

外反母趾を進行させないためには、足全体が崩れないように補正する必要があります。補正をするためには、シューズの見直しと、適切な補正機能をもったオーソティクスの着用が非常に重要になってきます。

外反母趾が進行する前に、4つのポイントを抑えて、対策をしていきましょう。

 

 

⚠️外反母趾を進行させない4つのポイント

①靴紐がおすすめ!!また、自分の足も幅に合ったもので、足の両サイドの生地が柔らかすぎないしっかり足をガードできるものを選ぶ。

 

②踵の周りが硬くて深いものを選ぶ。

 

③シューズをしっかりと履く。足が靴の中で動き過ぎないように毎回フィットさせるように結び直す習慣をつける。

 

④適切なオーソティクスで、足裏から踵骨とアーチが崩れないように補正。

 

 

balanceBodyではインソール測定も行なっております。

 

✴︎✴︎悩みのあなたに合ったオーダーメイドインソールをご提供させてください✴︎✴︎

歩き方や身体の歪みは人それぞれです。
立った時の重心、歩いてる時どこに力が加わっているかなどを知る事ができます。

 

この機会にぜひオーダーメイドインソールを作ってみてはいかがでしょうか?

 

<引用>

newsletter

http://feetindesign.jp/