西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2021/7/28

正しいウォーキングの歩き方

こんにちは🌞

西宮・芦屋でパーソナルトレーニングジム&治療院をしております。

balanceBody(バランスボディ)です🐸

 

今回は正しいウォーキング姿勢での歩き方です。

ダイエットや健康維持などの目的をもって歩いていますよね?その歩き方、姿勢などによって効果が半減したりします。

痩せるため、健康維持のための正しい歩き方のポイントをしっかりとおさえていきましょう!

「姿勢」「歩き方」「重心の移し方」の3つに絞ってみていきます。

 

 

ウォーキングにはなによりも姿勢が大事!

ウォーキングの「かなめ」となるのが姿勢です。姿勢が正しくなければ、どれだけ頑張って歩いても意味がありません。美と健康のためにウォーキングを始めるなら、正しい姿勢を知ることが大切です。

 

正しい姿勢には腹筋が必要!

正しい姿勢の維持には腹筋と背筋が必要です。

 

 

正しい姿勢を作るためには、次の6つのステップをふみます。寄りかかる壁さえあれば、いつでも正しい姿勢を作ることができます。

・平らな壁にかかと、お尻、背中、頭をつける。

・かかとはしっかり揃え、両つま先の間はこぶし1個分程度あける。

・膝と膝を軽くつける。つかない場合はO脚、つきすぎる場合はX脚。

・お尻を壁につける。腰と壁の間に隙間がこぶし1個入るほどあいているなら反り腰。

・両肩をしっかりと壁につける。この時肩甲骨の間の筋肉が使えていると肘も壁につきます。

・頭を壁につける。目線は真っ直ぐ、顎は引く。

 

日々の生活の中で意識的に正しい姿勢を作るようにしましょう。

 

「脚がやせる正しい歩き方」

正しい姿勢を身に付けることができたら次は歩き方をマスターしていきましょう。

脚を美しく見せるためには、歩くときに踵から着地し親指の付け根に向かって重心移動することがポイントです。このように歩くことで、脚の内側にある筋肉が使われるためO脚を改善・予防します。

踵から着地する歩き方は足の裏全体を使うため自然と足裏の血行を良くすることができます。足裏の血行が促進されるとむくみが解消されます。

 

 

歩き方、立ち方により筋肉の使っている部分が異なります。日頃からどこの筋肉を使っているのかを意識してウォーキングをしましょう!