西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2016/9/7

分離症になりやすい人の特徴

こんにちは。
西宮・芦屋のパーソナルトレーニング・治療院balance Body(バランスボディ)です。

⚽️サッカー日本代表、勝ちました(^o^)/
内容は…ですけど、勝ち点3GET❗️

10月がまた楽しみです⚽️

腰椎分離症の続き。
今日は分離症になった人の身体と動きの特徴について^ ^

腰椎分離症とは、椎体(背骨の1つ1つ)を繋ぐ部分が疲労骨折を起こし、連続性が断たれている状態のことです。

両側の場合・片側の場合とありますが、主に伸展させる(身体を反らせる)と痛みが出るのが特徴です。

スポーツ選手に多いのは、身体を反らせることが多い、やや中腰で構えの体勢を続けたり、そこからジャンプ・ステップ・タックルなどをする種目で特に多く見られます。

野球・バスケットボール・バレーボール・サッカー・ラグビー・アメリカンフットボール・フィギュアスケート・テニスなどです。

スポーツをしていない方でももちろん分離症を患う方、多く見受けます。

では、なる人とならない人の差は何なの⁉️

姿勢と動きの中から考えてみましょう。

まず第一に、立ち姿勢で反り腰の人は分離症になりやすいと思ってください😅始めから反っているので、そこから身体を反らしていくとさらに腰が反っていく…。痛みやすいです。

腰椎分離症は身体を反らせると痛いことが多いと言いました。これは、反らせ方に問題がある場合が殆どです。

大きなポイントは2つ。

胸椎と股関節

不良姿勢①

image

この姿勢の特徴は、頭と胸だけが伸びて股関節が全く動いていないことです。明らかに腰が反りすぎています。

不良姿勢②

image

こちらは、股関節は前に突き出すように伸びていますが、胸が伸びずに背中が直線的になっています。

背骨は首からお尻までバランス良く柔軟に動くことで機能を発揮します。

この不良姿勢では背骨の動かないところがあって、その部分のしわ寄せが腰にきていると考えられます。

なので、腰の治療をしているだけでは治らない腰痛なんです。

>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

料金&システムはこちら