西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2016/11/9

肩 腱板損傷に効くエクササイズ・ストレッチ

こんにちは。
西宮(苦楽園、夙川)・芦屋のパーソナルトレーニング・治療院balance Body(バランスボディ)です。

前回は『背骨』や『胸郭』に歪みや硬さがあると、肩の動きが悪くなることが多い。という話をしました。

image

元々このような胸郭の捻れがある場合はエクササイズで左右差を感じると思いますが、ほとんどの方が左右差がありますので気に病む必要はありません。

image

この写真の様に胸郭の左右差があると腕が挙がりづらい状態になり、これが続くと腱板を痛めることに繋がります。

では、実際に『背骨』や『胸郭』を整えるエクササイズ・ストレッチをやってみましょう🎵

1️⃣胸郭スライド

肩甲骨が上手く滑る(動く)為には胸郭の形が正しくなければいけません。

今回は左右の可動性を整えていきましょう。

まずは膝をつきつま先を立てて座ります。

image

・ここから左に動かします。

image

その時に、踵につけているお尻が浮いたり動いたりしてはいけません。

・一度真ん中に戻してから、次に右にいきます。

image

そうすると、どちらかがやりにくく感じましたか?

ここで、左右差をなくすテクニックがあるのですが、それはご利用頂いた方のみお伝えしますね🎵

このエクササイズで胸郭の左右のズレを少なくすることが出来ます。

2️⃣猫背スッキリストレッチ(リリース)

ストレッチポールなどを用いて、胸椎(背骨の丸みがあるところ)をストレッチしましょう。

スタートはこの状態です。

image

首の下の方にポールが来る様に仰向けで寝ます。

肩がまだ挙げられない場合は腕は下ろしておいてください。

足を使って頭の方向に動かします。

image

身体を頭の方向に動かすことで背骨の下の方までポールでストレッチします。

この動きを数回繰り返します。

続く、、、

>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

料金とシステム