西宮・芦屋のパーソナルトレーニング

2021/7/8

熱中症予防に役立つ暑さ指数(WBGT)

こんにちは😃

西宮・芦屋・苦楽園でパーソナルトレーニングジム&治療院をしております。

balanceBody 『バランスボディ』です。

 

今回は熱中症が起こりやすいかどうか教えてくれる指数WBGTについてお話しします。

暑さ、湿度、熱、を総合して測定されるこの指数は暑い時期の熱中症予防にとても役立ちます。

 

暑さ指数とは、暑熱環境下の労働の目標としてISO等で国際的に規格化されているものでもあり、運動時にもWBGTを採用した熱中症防止の指数が発表されています。

 

単位は気温と同じ摂氏が使われ、湿度・熱環境・気温の3つの総合して専用の機器を使用して測定されています。

 

日常での使い方

31℃以上 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する

 

28〜31℃ 外出時は炎天下を避け、室内では室温に注意する。

 

25〜28℃ 運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を入れる。

 

25℃未満 一般的に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

 

28℃を超えると熱中症の発生率が急増します。

屋外にでる際は帽子を着用したり、こまめな水分・塩分補給を行いましょう。

体に熱がこもらないように、通気性の良い服を着用することも良いでしょう。

ひとたび熱中症にかかると体に大きなダメージを与えてしまいます、自分は大丈夫と思わずに気をつけることが大切です。