2016/10/19

足の疲れについて(東洋医学的アプローチ)

こんにちは!

 

西宮・芦屋のパーソナルトレーニング治療院balance Body(バランスボディ)です。

 

 

前回に引き続き足の疲れについてお話ししていきたいと思います。

 

今回は東洋医学的なアプローチ方法からお話ししていきたいと思います。

 

 

【承筋(しょうきん)】

 

 

血流を促進することで疲労物質を流してくれます。

 

水分の流れもよくなるのでむくみにも効果的です。

 

ふくらはぎの膝のシワから10cmほど下の部分にあります。

 

最初は見つけにくいかもしれませんが、大体の場所を押していると響く場所があるはずです。

 

見つけたら強めに刺激をします。

 

 

【足の三里(あしのさんり)】

 

 

刺激すると気血の流れが改善されて、疲れの解消と気力・体力の向上に繋がり体全体の治癒力を高めることができます。

 

足三里は、膝のお皿の下のすねの骨の外側あたりにあります。

 

自分の膝のお皿の位置を確認しましょう。

 

次に膝のお皿の下に人差し指がくるように、指を人差し指から小指を4本そろえて当てます。

 

そして小指が当たるあたりの高さの、すねの太い骨の外側を押さえてください。

 

強く押えると、奥の方で響くような感じでズーンとした感覚があるポイントがあります。

 

 

balanceBody(バランスボディ)ではトレーニングだけでなく東洋医学的を用いた鍼灸治療も行っております。
興味がある方は是非この機会に西宮・芦屋のパーソナルトレーニング治療院balance Body(バランスボディ)にお越し下さい(^o^)

 

 

次回はそれ以外のアプローチ方法もお伝えできればと思います♪

 

 

 

 

>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook