" />

2018/5/17

糖質制限ダイエットはダイエットとして不向き!?

こんにちは。

西宮・芦屋でパーソナルトレーニング治療院をしていますbalance Body(バランスボディ)です。

 

あと1ヶ月半もすれば本格的に夏に入ります。

 

今の内に体を絞っておかないと夏、恥ずかしくて肌を出せない。。。

夏に向けてダイエットしよう!!!

 

そう思っている方も多いのではないでしょうか??

 

ダイエットで良く耳にする糖質制限ダイエット。

 

皆さん何を制限しますか??

 

糖質(炭水化物)=米、パン、麺

日本人の主食でもある米!!

 

この辺りを確実に制限しますよね?

 

これがダメなんです!!!!!!

 

白米には確かに沢山の糖質が含まれています。

 

では、なぜダメなのか。

 

脂肪を落とす運動として有酸素運動を行うと思います。

 

高強度(無酸素運動)では糖質がエネルギー源として主に働きます!

低強度(有酸素運動)では脂質がエネルギー源として主に働きます!

なので有酸素運動をして体脂肪を減らすのですが……………………

 

この時に糖質制限ダイエットをしている場合は話が変わります!!

 

どのように変わるのか???

 

糖質の摂取量が少ない場合、脂質を生命の為に保存しようとしてしまいます。

その為に、たんぱく質をエネルギーとして利用(糖新生)する状態が発生し、有酸素運動をしても脂質が使われずにたんぱく質が使われます。

たんぱく質は筋肉に多く含まれている為、筋肉量が落ちることで体重は落ちますが、脂質は消費されないので体脂肪は変わらないという事になります。

 

これではかっこいい引き締まった体を作ることは不可能です。

 

食事時間のルーティーン(夜21時以降は食べないなど)を作って守れば糖質は取っても大丈夫なんです。集中力upとエネルギー補給の働きを良くしてくれます。

※食べすぎには注意です笑笑

 

体の準備を万全にした状態で効率の良い有酸素運動をしましょう!!

 

次回は….

 

「有酸素運動と言っても、人によって有酸素か無酸素かどうかの値が変わるのを知っていますか??」

 

というテーマで効率の良い、自分に合った有酸素運動の強度をお教え致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

balance Bodyではアスレティックトレーナーや鍼灸師が身体の細かい働きに対してしっかりと評価・アプローチしお客様の健康をサポート致します。
少しでも興味を持っていただければと思います。
ご静聴ありがとうございました。

 

 

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook