" />

2018/5/13

デスクワークの多い方必見!!腰痛の原因と緩和方法!

こんにちは。

西宮・芦屋でパーソナルトレーニング治療院をしていますbalanced Body(バランスボディ)です。

昨日は天気がものすごく良かったので気分も良かったのですが、本日は生憎の雨です。

 

やはり雨だと仕事も捗らないし、だらけてしまいますよね….

更にそれにプラスして腰が痛いなんてなるとたまったもんじゃないですよね。

 

今日はそんなあなたに腰痛の発生原因と緩和方法をお教え致します。

 

仕事中に一度皆さんも確認して頂きたいことがあります。

 

それは椅子に座っている時の自分の股関節の角度です!!

 

大抵そこらへの椅子に座っているとほとんどが90度に近い角度になっていると思います。

 

それが腰痛を引き起こす原因なんです!!

 

どういうことかと言いますと、股関節は本来、屈曲(足を挙げる)125度動くのですが、、、、

これは股関節だけではなく、骨盤が動いて125度の角度を成しています。

あるデータで軟部組織を除去した骨だけで屈曲した場合の大腿骨頭と寛骨のぶつかる角度を調べたものがあるのですが、約93度屈曲した時にぶつかるのです。

 

ただ、実際の人は骨だけなんてことはありません!

 

生きていれば、筋肉や靭帯、その他の軟部組織が必ずあります!

 

その筋肉や靭帯、軟部組織が付着している場合の真の股関節屈曲可動域は約70度です!!

70度の角度から大腿骨頭と寛骨がぶつかってしまうということは、そこからは骨盤の後傾(腰を丸める)が必ず入ります。

 

ということは!?

お気付きの人もいるかも知れませんが、椅子に座る→股関節90度→

骨盤後傾→腰の筋肉が引き延ばされる→疼痛発生!

このようなメカニズムが起こっているのです。

 

では発生の原因を理解して頂いた上で、どのようにすれば楽に座ることができるのか??

 

それは…..

 

股関節の角度を70度にしてしまえばいいのです!!!

 

つまりタオルやクッションなんでも良いので座り位置を高くし屈曲角度が70度になれば骨盤が後傾しにくく、背筋が真っ直ぐ保てるので腰が痛く無くなります。

 

写真を載せておくので興味のある方はやってみて下さい。

股関節90度

 

股関節70度

 

このように股関節屈曲角度を変えてあげるだけで腰はとても楽になるので一度試してみて下さい!!

 

※ちなみに黒色のクッションは骨盤フレックスというものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

balance Bodyではアスレティックトレーナーや鍼灸師が身体の細かい働きに対してしっかりと評価・アプローチしお客様の健康をサポート致します。
少しでも興味を持っていただければと思います。
ご静聴ありがとうございました。

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook