2016/2/17

芦屋・西宮でテニスが上手くなりたいあなたへ(バックハンドストローク)

こんにちは。
西宮・芦屋のパーソナルトレーニング・治療院balance Body(バランスボディ)です。

 

 
今朝来られたテニス選手。

 

 

今日の目的はバックハンドの時に感じる『つまり』『硬さ』をなくしたい❗️です。

 

 

右肩〜上腕部にかけて張りを感じておられました。

 

 
今回写真を撮ってなかった(・ω・)ノので、スタッフで再現してみました。悪しからず…

 

 

 
テニスにおけるフォアハンドストローク、バックハンドストロークでは【回旋】動作がメインになります。

 

 

 

脊柱(背骨)、肋骨、肩甲骨、肩関節、股関節など、複数の部位が回旋に関わります。どの部分に問題があるのかをピックアップし、アプローチすることが重要です。一箇所だけの問題ではないことが殆どですが…

 

 

 

(before)

 

まずは全体の回旋動作をチェック。

image image

 

 

単純に左右の回りやすさを比較します。
(スタッフによる参考画像です)

 

右回旋(下の画像)が行きづらいのがわかります。

 
もう一つ、胸椎の可動域チェック。

image image

 

これも、右回旋(下の画像)の可動域が少ないのがわかります。

こちらの方が顕著にみれますね^ ^

 

 

(session)
まずはグリッドローラーを使ってバックハンドの形で肩後面のストレッチ。床でやるよりも、パワープレート上でやることで効果倍増❗️❗️

image

 

 

 

次に、胸椎の可動域を拡げるbalance Body独自のエクササイズを5分程🎵

 

 

(after)

 

session後の全体の回旋可動域をチェック

image

image

 

左右どちらも回旋しやすくなっているのと、右の回旋可動域が拡がっているのがわかります^ ^

 

 

続いて、胸椎の可動域チェック

image image

 

 

右回旋の可動域が拡がり、左右差が少なくなりました。

 

 

今日来られたテニス選手は左回旋の動きに問題があったので、それを改善することでバックハンドストローク時の右肩のつまりや硬さは殆どなくなりました。

 

 

フォアハンドやバックハンド、やりにくい形があるのは実は身体の問題(歪みや傾き、捻れ)にあります。

 

 

身体の問題を解決してパフォーマンスを上げましょう🙌

 

 

 
>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook