2017/3/17

トレーニングで骨盤を調整

こんにちは!

 

 

西宮・芦屋のパーソナルトレーニング治療院balance Body(バランスボディ)です。

 

 

 

今回はトレーニングで骨盤を調整することについてのお話です。

 

 

 

骨盤調整をする方法としては、まずは骨盤のアンバランスを引き起こしている原因を特定する必要があります。

 

 

 

腹筋やももの裏側の筋肉が固いのか?

 

 

それともももの前や腰の筋肉が固いのか?

 

 

それともそれらと反対側にある筋肉が弱いのか?

 

 

 

などなど色々な事が考えられます。

 

 

 

固いのであれば、それらの筋肉を緩める必要がありますし、弱いのであれば、それらの筋肉を鍛えなくてはいけません。

 

 

セッションでは、特定した原因の筋肉にアプローチするようなエクササイズをしてもらい、筋肉のアンバランスを取り除いていきます。

 

 

そうするとそれと同時に骨盤のアンバランスが取れるので、これで第1段階が終わりです。

 

 

 

ですが、これでは、普段の生活をしているうちに骨盤は元のアンバランスに戻ってしまいます。

 

 

そのため、第2段階として、骨盤のアンバランスを引き起こす元々の原因を取り除く必要があります。

 

 

例えば、

 

 

 

・座る時に足を組んで座る。

 

 

・坐骨で座らず腰が丸まっている。

 

 

 

などです。

 

 

 

 

こうした生活習慣の改善をしないと根本原因の解決にはなりません。

 

 

雨漏りをした時に床を拭くようなもので、屋根を直しているわけではないからです。

 

 

 

次回引き続き骨盤の調整についてお話ししたいと思います\(^o^)/

 

 

 

 

>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook