2017/3/29

ダイエットの効果はどれくらいの期間持続するのか?②

こんにちは!

 

 

西宮・芦屋のパーソナルトレーニング治療院balance Body(バランスボディ)です。

 

 

 

前回の続きになります。

 

 

 

20人の肥満の人々に8週間のローカロリーダイエットを実施したあとに、52週間1年間にわたって栄養師との面会やダイエットトラッキングを使って体重のメンテナンスを管理した実験があります。

 

 

その際に空腹を引き起こすグレリンやGLP-1、空腹を抑えたりコントロールする働きを持つペプチドYYなど、空腹に関係したホルモンの量をそれぞれダイエット前、ダイエット直後、そして1年間の経過観察後に計測しました。

 

すると、減量後、被験者の食欲を抑えるホルモン、1年後にはなんと65%にまで上がったそうです。

 

 

一方、空腹を引き起こすグレリンの量は減量後23%低下したそうです。

 

 

つまり、身体の中でも空腹になりにくく、食欲が過剰に出ないような変化が起こっていたのです。

 

 

 

一時的に痩せることは2ヶ月などの短期間でできたとしても、それを維持していくには時間がかかります。

 

 

見た目の変化とともに身体の中も変化させるには、それなりの時間が必要です。

 

 

特に人間の身体はホメオスタシスという、今ある状態を保とうとする働きがあるので、変化させるには改善した食生活などのライフスタイルを維持していく必要があります。

 

 

トレーニングをした後などに分泌されるホルモン等もこうしたケースと同じように、トレーニングが定着するとより効率よく分泌される事が期待できます。

 

 

そうした効果を得るには、自分が納得する身体になった後も、その身体を維持する習慣を1年は続ける必要があるのです。

 

 

 

そのために、短期的な無理なダイエットではなく、長期的に続けられる食習慣や運動習慣をつけることが重要ですね(^o^)

 

 

 

 

>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook