2016/11/2

肩 腱板損傷を治す為のストレッチ・エクササイズ

こんにちは。
西宮(苦楽園、夙川)・芦屋のパーソナルトレーニング・治療院balance Body(バランスボディ)です。

 

 

 

 

 

「腱板損傷の痛みや運動制限を早く治したい・・」

 

「自己流で肩を動かすと痛みがひどくなる・・」

 

という方、

 

 

肩を治すためにはいきなり肩を動かしてはいけません!

 

 

「じゃあ、ほっといたら治るの?」

 

 
と思われるみたいですが、早くちゃんと治すためには、順序やタイミングが重要になってきます。

 

 

ここを抑えておくと、痛みが少なく効果的に症状を改善していくことができます。

 

 

 

今回紹介する体操は、痛みのある肩を直接動かしませんので、早期からどんどんはじめられる安全性の高いものです。

 

 

 

 

肩関節の動きに大きな関わりがあるのが、
『肩甲骨』と『胸郭』です!

 

image

 

『肩甲骨』は、腕の骨(上腕骨)と合わさって肩関節を作っています。

 

 

肩の動きは、肩甲骨が良い状態であることは欠かせません。

 

 

『胸郭』は『肩甲骨』がその上にへばりついているために、『胸郭』の状態が悪いと『肩甲骨』がうまく動きません。

 

 

 

 

試しに、まず腕を挙げてみましょう!
肩を傷めている方は、傷めていない側の肩で試してください。

 

 

今回は両手でやっています。

 

また、既に胸郭に左右差ありますがスルーします(笑)

image

 

 

 

では、胸郭を右にズラしてみます。

image

 

そのまま腕を上げてみます。

 

image

 

「あれ!?腕が挙がりにくいぞ!」
ってなりましたか?

 

胸郭を片側にズラすと明らかに腕が上がらなくなるのがはっきりとわかります。

 

こういった、『背骨』や『胸郭』の影響で肩の動きが悪くなってしまっている方、すごく多いんです。

 

実際、このあたりを整えるだけで嘘みたいに肩がすっと上がるようになることがとても多いです。

 

元々このような胸郭の捻れがある場合は腕が上がりにくく、また、左右差がある為に肩や腰を痛めやすいです。

 

 

次回は背骨や胸郭を整える体操を紹介します。

 

 

>>>>>体験予約予約はこちらから<<<<<

balance Body

0798702170

info@link-bb.com

システムと料金

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook